モールド&ペイント

石こうの粉からマグネットを作る!

そんなことが簡単にできるキットがあります。

4mのモールド&ペイントシリーズです。

全ての材料が入っているので、すぐに 作ることができますよ!

今日はその作り方をご紹介します。 今年の新商品「モールド&ペイントはたらく車」の作り方をご紹介します。

石膏の粉が入っているので、水に溶いて型に流し込み、一晩おいてからペイント します。

後は、良く乾かしてから両面テープのマグネットを貼るだけでできあがり! 約5cmくらいの車のマグネットが出来上がります。

好きな色の車を作るのが 楽しそうです。

では、キットの内容をご紹介しましょう。

はたらく車の他にも、カップケーキや バレリーナなど、魅力的なシリーズがいっぱいです。

キット内容と準備するもの

キットの内容は以下の通りです。

・石こうの粉(100g)×2袋

・はたらく車の型

・説明書(日本語訳付き)

・6色絵の具、絵筆

・シール付きマグネット

・安全ピン2つ

~その他・用意するもの~

・石こうを溶くための容器×2(使い捨てできるもの)

・かき混ぜ棒(使い捨てできるもの)

・水(石こう1袋に対し50~70ml)

・適量の水(ペイント作業用)

・計量カップ

・机の上など広くて平らな作業スペース

・布(型からはずす時に割れないようにするため)

作り方

作り方とこつは、以下のとおりです。

石こうは、固まるまでがとても早いので手早く行うのがポイントです。

水を入れてから30秒~1分以内で石こうを型に流し込むつもりでやりましょう。

1.準備をする。

説明書をじっくり読んでから始めましょう。

石こうは一袋が一回分。水70mlも用意しておきます。

石こうを流し込む型も始める前に平らな所に置いておきましょう。

 

2.石こうと水を混ぜる。

石こうを混ぜる容器はクリアカップ、かき混ぜ棒には割り箸を使います。

水を入れると石こうはすぐに固まりだすので素早く、全体的にまんべんなく混ぜます。

先に70mlの水半分を容器に入れて次に粉、水の順番で入れると良いでしょう。

 

3.型に流し込む。

石こうがドロドロしている間に型へ流し込みます。

流し込んだ時に、気泡があると表面にそのままの形で固まってしまいます。

おもてに気泡が出ていないかを確認して

気泡があれば型の中にまんべんなく石こうがいきわたるように棒でつつくと良いです。

バッジにする場合はこのときに安全ピンを埋め込みます。

(安全ピンが石こうに埋まってしまわないように注意してくださいね。)

最後にマグネットシールを付ける時は、裏面に凹凸があると付きにくくなるので

棒で平らにならしておくとよいでしょう。

 

4.じっくり待つ。

石こうを型に流し入れたら、固まるまで待ちます。

この時、石こうが少し温かくなりますが それは石こうの特徴なので安心してください。

気温や湿度によって待ち時間が変わります。

早ければ30分、指で優しく触ってみながら固まっている様子を確認します。

※天気や気温で固まる時間は変わります。長ければ一晩かかることもあります。

 

5.石こうを型から外す。

固さや乾燥の具合を見て型からはずします。割れないように布の上で外します。

型から外した後、湿り気があったらもう少し乾くまで置きましょう。

 

6.ペイント

乾いたら付属の絵の具でペイントしていきます。

6色の絵具を混ぜることで

色々な色を作ることが出来ます。

赤+黄でオレンジを作ったり

黒+白でグレーを作ったり出来ます。

絵具がしっかり乾いたら完成です。 裏面にマグネットシールを貼り付けても良いですね。

 

 

 

皆さんいかがでしょうか? 粉と水を混ぜたり、型に流したりするのは料理にも似ていますね。

ぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね。

 

モールド&ペイント はたらく車

税込み価格:1260

対象年齢:歳~

 

その他、石こうを使った商品はこちら! ※画像をクリックすると商品紹介ページに移ります。

モールド&ペイントシリーズ

プリンセスミラー、バレリーナフレーム

乳歯ボックス

カテゴリー: 商品, 最新情報, 4M, 4M クラフト   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。