放散虫カレンダー2023発売!

放散虫カレンダー2023 9月7日発売!

来年の放散虫カレンダーが出来上がりました!新潟大学 松岡篤先生監修、2023年のカレンダーは、マリアナ海溝産白亜紀最前期放散虫化石が産出された岩石の状態を四方に配し、産出された化石の画像を真ん中に配置しました。

5億年も前の生物が、海底深く化石となって、その不思議な美しいかたちのまま発見されるロマン!放散虫について、また放散虫グッズについて、詳しくは、

放散虫のページをご参照ください!

放散虫2023カレンダー 550円 9月7日発売!!

カテゴリー: 商品, 放散虫, 最新情報, 科学玩具

新装版ロリットが入荷しました!

パッケージと仕様が新しくなったロリットが入荷してきました!9月1日発売です

4人まで対戦できるリバーシゲームとして愛されているロリット!

今までは、ブラックのボードに紺色のパッケージでしたが、この度パッケージもボードも白に仕様変更して新たに発売となります。ルールは、同じ。2~4人まで対戦できる、4色のボールを使う陣取りゲームです。簡単ルールで、家族でもパーティでも盛り上がるゲームです。

 

ロリットは、1979年にオランダのゲームメーカー、ゴリアテ社のA.Goladさんが考案し発売、以来世界中の家族に愛されているゲームです。2019年には、オランダのベスト・ゲーム賞を受賞、2021年には、日本のグッド・トイ賞を受賞しました。

カテゴリー: ゲーム, 最新情報

パズルを数学の授業に!イマジナリーキューブ

イマジナリーキューブ・パズル 京都大学の立木秀樹先生考案の、パズルです! まずは、このパズルを解いてみましょう!そして、その後で、どうしてその解が可能なのか、数学的に考えてみませんか?このパズルを使って、数学の授業もできます。作者の立木先生が解説していますので、Youtubeを是非ご覧ください!

イマジナリーキューブ・パズル 京都大学の立木秀樹先生考案の、パズルです! まずは、このパズルを解いてみましょう!そして、その後で、どうしてその解が可能なのか、数学的に考えてみませんか?このパズルを使って、数学の授業もできます。作者の立木先生が解説していますので、Youtubeを是非ご覧ください!

YouTube Preview Image

このビデオは、立木先生が2022年にアメリカで開催されたG4Gという学会のためのオンライン発表として作成したもので、許可を得て掲載させていただきました。

 

イマジナリーキューブ・パズル 2750円

対象年齢8歳~

 

9つのイマジナリーキューブを、アクリルの立方体にキチンとはめ込みます。

カテゴリー: ワンダーシリーズ, 商品, 最新情報, 科学玩具 タグ: |

『正多胞体』by H.M.S.コクセター 発売! 

 

 

現代のユークリッドとも評されたH.S.M.コクセター先生の『正多胞体』が発売されました! 一松信先生の監訳で、遂に日本語版が完成しました。

尚、一松信先生のご経歴のうち紫綬褒章とあるのは、勲三等瑞宝章の間違いでしたので、謹んで訂正させていただきます。

カテゴリー: ゾムツール, 最新情報, 科学玩具

ジオボール_簡単に多面体が作れるキット!

ジオボールという商品をご存知ですか?紙で作る多面体キットです!

はさみも糊もいらず、18種類の多面体を作ることができます。

18種類とは、プラントイの正多面体5種類と、アルキメデスの半正多面体13種類です。

それぞれの多面体には、ジェイ・ボナー氏デザインの、古代の幾何学、アラベスク模様が描かれています。

 

 

 

 

型紙は、きれいに抜き取ることができ、切込みにフラップを順番に差し込むことで立体を完成できます。完成した立体を吊るして飾ると、美しいオーナメントになります! キットには、宮崎興二先生の多面体の歴史についての解説も入っており、

形を学ぶ最適なキットです。夏休み工作にも、おすすめです。

 

 

 

ジオボール 18の多面体を作るキット 2200円 7才~

 

カテゴリー: ワンダーシリーズ, 商品, 科学玩具 タグ: |

静岡ホビーショーご来場ありがとうございました!

第60回静岡ホビーショーは、大盛況のうちに終了しました。

今年は、3年ぶりの一般公開日となり、大勢のプラモデルファンが事前登録をして来場くださいました。一般公開日の前に、既に登録が定員いっぱいとなり、入場できなかった方もいらっしゃったかもしれません。モデラーズクラブの展示も、熱のこもった素晴らしいものでした。

5月11日、12日の業者日のあと、小、中、高校生の招待日が一日あり、会場には活気があふれました。弊社のブースでも、大勢の学生さんたちがゾムツールの体験をしました。

5月14、15日の一般公開日には、大勢のプラモデルファンや家族連れで会場がいっぱいになりました。弊社の科学玩具も、多くのお客様にご覧いただき、大変嬉しいことでした。今年で60回目を迎えた静岡ホビーショー、コロナ前には、世界中からもバイヤーさんが集まる展示会でした。第一回目の静岡ホッビーショーは、1959年、「第一回生産者見本市」という名前で、静岡市内の料亭、浮月楼で行われ、その時のテーマは、

「科学モデル」だったということです。大きく発展した静岡のモデル業界、2年間のブランクの後、大盛況のうちに幕を閉じました。ご来場いただき、ありがとうございました!

 

カテゴリー: 展示会, 最新情報

第60回静岡ホビーショー

静岡ホビーショーが始まりました! ブースの様子です。

ゾムツールで作ったペンローズタイルやハイパードゥ、フィボナッチツリーやイマジナリーキューブ、アバロン、ロリット、そして手塚治虫先生のフィギアたち。

一般公開日の登録は、残念ながら既に定員に達したため、申し込みが締め切られたということです。

カテゴリー: イベント、出張報告, ゲーム, ゾムツール, 最新情報

第60回静岡ホビーショーに出展します!

2年ぶりの開催となる、静岡ホビーショーに出展します! 明日、5月11日より業者招待日となります。一般公開日は、5月14日(土)と15日(日)の二日間、ご来場をお待ちしています。開場時間は、9時~17時、最終日のみ9時から16時となります。www.hobby-shizuoka.com

カテゴリー: イベント、出張報告, 最新情報

ゾムツールの創案者、クラーク・リヒャルトさん

この画像は、デンバー近代美術館に展示されている、ゾムツールの初期の製品、「ゾムトイ」です。1960年代に、バックミンスター・フラーのジオデジック・ドームの制作をしていたクラーク・リヒャルトさんは、後にこのゾムトイを考案しました。

クラーク・リヒャルトさんは、コロラドを拠点に活躍した画家でもあり、サイエンティストで、昨年2021年クリスマス・イヴに、80才で亡くなるまで、、多くのゾムツール作品の考案に協力しました。

上の画像は、今年のG4G14会議で制作した、リヒャルトさんのゾムツールを使った

ペンローズタイリングです。下の画像は、同じく、準結晶の作品。

今年5月2日、クラーク・リヒャルトさんが81才になる誕生日の日に、彼を記念して

デンバーの20th&グレナムプレイスに作られたゾムオールの立体が点灯されました。

カテゴリー: イベント、出張報告, ゾムツール, 最新情報

『黄金比原論』が出版されました!

マティラ・ギガ著の『黄金比原論』が、パウロ・パトラシュクさんの訳、宮崎興二先生の監訳で、丸善出版より出版されました!

「黄金比」については、自然界の様々な現象やデザインを通して聞くことが多いのですが、それがなぜ美しいのかを、幾何学を通して考察し、解説した世界初の入門書と言われる本書が、日本で初めて刊行されました。

フィボナッチ数列や巻き貝の螺旋など、身近なものにも見られる黄金比が

なぜ美しいのか、「美といのちの幾何学」という副題にもあるように、

その神秘を知るいとぐちになる著作です。

著者は、ルーマニアの外交官であり科学者で、1946年頃南カリフォルニア大学等で

講義した内容等を、1965年の没後改版して出版された『美といのちの幾何学』の全訳。

 

丸善出版 『黄金比原論 美といのちの幾何学』マティラ・ギガ著

パウロ・パトラシュク訳、宮崎興二監訳 6380円

カテゴリー: 最新情報, 科学玩具 タグ: |