ミウラ折りのワークショップ@近代科学資料館

東京理科大学の近代科学資料館で開催中の「数理にひそむ美」展では、

地図などでおなじみのミウラ折りの展示も行われています。

11月5日(土)には、ミウラ折りのワークショップが行われました。

参加者は、小学生以上ということで定員15名を上回る申し込みがあったそうです。

当日は、ご父兄も含め、30名近い人が三浦先生直々のお話を伺う機会をいただきました。

先生は、まずミウラ折りの展示の前で、ミウラ折りがどのようなものか、どうして生まれたかを

分かりやすく説明してくださいました。どうしたら大きなものを効率よく小さくできるかを考えた時、

例えば一枚の紙だったらどうしたらいいか、くしゃくしゃに丸めるのか、美しく、効率よく小さくする

方法を考えられて、たどり着いた答えがミウラ折りだったということです。「くしゃくしゃに丸めても、

美しくないでしょう」と、手にしていた地下鉄の地図を丸めて見せてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

ミウラ折りのテンプレートを使って、小学校3年生の参加者も、全員きれいに折ることができました。ミウラ折りを折るためには、折り目の変換が必要です。正確に折るために、三浦先生から依頼されて、高島直昭さんと弊社の前畑会長、冨田君が今年の3月頃からテンプレートの製作をしてきました。その試作品を使ってのワークショップでした。初めて挑戦させてもらいましたが、折り紙苦手の私でも、きれいに折ることができました。

 

 

「美」がなかったら、ミウラ折りは生まれなかったでしょう、という先生のお言葉が印象的でした。先生は、この折り方を、もう50年も前に発見され、今では、宇宙工学から体内の細胞レベルの医療にまで使われているそうです。ミウラ折りを一般の人にも広めたいという先生の情熱に感激。三浦先生、理科大のスタッフの方々、ありがとうございました。

ゾムツールの開発者、ポール・ヒルデブラント氏も、「すごい人だ!」と絶賛。ゾムツール社が最初に作ったリーフレットは、ミウラ折りで折ったのだそうです。見てみたいですね。ミウラ折りは、世界中の人が身近に体験している、素晴らしい発明です。

ミウラ折りの展示の他にも、テッセレーションやゾムツールの高次元模型など、素晴らしい作品がたくさん展示されています。「数理にひそむ美」展は、12月10日まで。

カテゴリー: イベント、出張報告, 最新情報

モルックをやってみました!

フィンランド生まれのゲーム、モルックをお借りしてやってみました!

近くの公園で、木製のスキットルを並べ、6人で対戦。思ったより難しく、チャレンジ

しがいがあって、楽しいゲームでした。

1から12までの数字が各スキットルには印字してあります。50点ちょうどに達した人の勝ち。今回は、弓道の達人、春香さんが一番でした。集中力と作戦が必要なゲームです。

だんだんスキットルの距離が遠くなって、難しくなります。

得点を計算する係も忙しい。屋外で、子どもも高齢者も一緒になって

遊べる、楽しいゲームです。

詳しくは、日本モルック協会のホームページをご覧ください。                                             

カテゴリー: 最新情報

ゾムツールの星形正120胞体完成!

東京理科大学の近代科学博物館で、10月22日、日野雅之先生のご指導によるゾムツールのワークショップが行われ、小学生や一般の方と、理科大のスタッフの皆さんで、正120胞体の模型を

完成させました。始めは、モジュールを組み立て、中心の核からだんだんに大きく組み立てていく

方法。小学生の皆さんも集中して見事に完成させました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: イベント、出張報告, ゾムツール

「数理にひそむ美」展にポール・ヒルデブラント氏の作品展示

ゾムツールの考案者の一人、ポール・ヒルデブラント氏が、沖縄の学会参加の帰路

近代科学資料館に立ち寄り、「Five Easy Dimensions」という作品を作りました。

資料館のスタッフでもある理科大の学生さんたちや、ジャパンゾムクラブの日野さんにも

お手伝いいただき、大小二つの椿の花のような五回転対称性の作品が完成しました。

作品は、会期中展示される予定です。ぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 最新情報

沖縄科学技術大学院大学OISTで、ゾムツールのワークショップ!

 

沖縄科学技術大学院大学OISTで、GEMS (Geometry and Mathematical Sciences)という学会が開かれ、その一環として10月16日13時~17時まで、ゾムツールの考案者の一人、ポールヒルデブラント氏によるワークショップが行われました。

OISTに在籍する研究員や先生方、近くの高校生や一般の方の参加で、「Zome City」を完成させ、素晴らしいOISTのロビーに展示されることに

なりました。ゾムツールには、幾何学の不思議がいっぱい詰まっていることを再確認したワークショップでした!

カテゴリー: 最新情報

「数理にひそむ美」展 公開間近!!

東京飯田橋にある東京理科大学の近代科学資料館で、「数理にひそむ美」展が15日から

始まります!多数の素晴らしい展示品が集まってきており、学芸員の大石さんはじめ、理科大の

スタッフの皆さん大車輪で開催に向けてしあげをしておられます。

12日には、オランダから著名な数学的彫刻家、ライナス・ローロフさんが来館され、展示作品を

持参されました。展示の模様を、少しだけお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライナスさんは、この後弊社を訪問され、2008年レーワルデンでのブリッジズで発表したテーマ、

Inter-Woven (「折りなして」)のタペストリーの前で記念撮影しました!8年ぶりに対面した作品にご満悦でした。

 

ライナスさんの最新の多面体模型7作が展示されています。三浦公亮先生の、「ミウラ折り」の展示や、エッシャーの版画、ゾムツールによる多面体、多胞体もたくさん展示されます。12月10日まで

展示しています。是非お運びください!  開館時間は、10時から午後4時まで、日、月、祭日は休館日です。

カテゴリー: 最新情報

ゾムツール作品展示!東京理科大学の近代科学資料館で

東京理科大学の近代科学資料館の企画展が始まります!

「数理にひそむ美」というタイトルで、多面体の模型やエッシャーの版画など、たくさんの数学的作品が一堂に会します。その中に、ゾムツールの作品が3点展示されます。

ひとつは、「4次元星型正120胞体」。これは、2014年東京大学で開催された折り紙の国際会議で展示されたもので、圧巻です。もうひとつは、ゾムツールの考案者の一人、ポール・ヒルデブラント氏の作る「Five Easy Dimensions」4次元、3次元、2次元に投影された10次元立方格子ということです。 是非ご覧いただきたいと思います。

それから、ゾムツールのワークショップも開催されます!

10月22日、10時半から、近代科学資料館の2階で、日野雅之先生のご指導のもと、

大型の星型多面体を一緒に完成させます。その後、この作品も展示されます。

この他、三浦公亮先生の「ミウラ折り」の展示もあり、実際にミウラ折りを折るワークショップも行われます。オランダの鬼才、ライナス・ローロフさんの作品も、展示されます!

11月5日(土)の13時から行われる予定です。是非ご参加ください。

近代科学資料館での展示は、10月15日から12月10日まで。 開館時間は、10時~16時。

日、月、祝日は休館日です。

ただし、11月19日(土)と20日(日)は、理大祭のため開館しています。

入場無料。 是非お出かけください。 ちらしは、こちらをご覧ください。

カテゴリー: 最新情報

AR恐竜の記事が、Web 上のアスキーマガジンに掲載されました!

ギフトショーでも展示したAR恐竜シリーズが、

ウェブマガジンアスキーに掲載されました!

 

 

7002ARティラノサウルス 2160円

 

7003ARトリケラトプス 2160円

 

 

 

 

7004ARステゴサウルス 2160円

 

とても楽しい体験記を書いていただきました!是非、ご覧ください!

AR恐竜、迫力満点です!是非お試しください。



カテゴリー: 商品, 最新情報 タグ: , , |

2016秋ギフトショー出展

 

9月7日から9日まで東京ビッグサイトで

2016年秋のギフトショーに出展しました。

今回は、4mのAR恐竜を展示し、実際に

スマホやタブレットに登場する動く恐竜を

ご覧いただき、ツーショットをその場で撮って

展示しました。ポケモンGO!の世界を楽しんでいただけたでしょうか!これから、イベントやご家庭でも、このARは身近に楽しめそうです。

大勢の方にご来展いただき、ありがとうございました!

カテゴリー: イベント、出張報告, 4M サイエンス, 4M タグ: |

Bridges 2016 に参加しました!

Bridges(ブリッジズ)という、数学とアートの国際会議に参加しました!

今年は、フィンランドのユーバスキュラにある大学で開催、世界から約300人余りの参加者があり、アート作品の展示には、160人以上の出展がありました。

8月9日から13日まで、5日間に渡り、様々な発表、ワークショップ、展示などのアクティビティが行われ、イメージミッション木鏡社は、ペンタドロン、ジオボール、七金三パズルなどの商品を展示販売をしました。

 

 

 

 

 

秋山仁先生のペンタドロン、ジェイ・ボナーさんのジオボール、細谷先生の七金三パズルは、さすが参加者に人気でした。

 

 

今回の参加には、大きなミッションがありました。ジオボールの中で、宮崎興二先生が解説中触れておられる、浦田清子さんというてまり作家の作品を展示することです。浦田さんは、ご高齢のためご自身で参加されることができず、他に例のない幾何学的模様のてまりを9点展示するよう託されました。大切にお預かりし、ユーバスキュラに到着するとすぐ展示しました。展示ルームは、湖を臨む大学の4階の部屋、窓際にきれいな景色を背景に展示されました。

 

 

 

 

 

このほかにも、240点余りの、数学的アートが展示され、最終日には一般にも公開されました。

また、ライナス・ローロフさんの作品は、市内の自然史博物館の一室に展示されました。

そして、最終日の全体会議で、浦田さんのてまりは、240点余りの作品の中から、最優秀クラフトマンシップ賞に選ばれました。代理で受賞盾を受け取った私たちも、とても誇らしい気持ちでした。

日本の伝統の技法を研究し、誰も他に類を見ない複雑な幾何学模様を一針、ひと針創り上げた

浦田さんのてまりは注目され、その完成度は多くの作品の中でもひと際光っている印象でしたが、参加者の投票で賞に輝いたのです。日本からも参加し発信ができたということも、うれしいことでした。持ち帰った盾は、早速展示したてまりと一緒に、浦田さんのお手元にお届けしました。

おめでとうございました!

会期中には、ジョージ・ハートさんのワークショップや、ゾムツールのファビアン・ビエン氏へのオマージュのゾム・スカルプチャーも発表されました。

 

 

 

 

 

5日間、盛りだくさんの会議を終えて、帰国の途につきます。帰りは、タンペレからの移動のため、ムーミン博物館と、クラフトミュージアムを見学しました。

トーベ・ヤンソンによるムーミンの原画が幻想的で美しかったことと、クラフト作品の色使いがやわらかなことが印象的でした。初めて訪れた国フィンランドは、とてもゆっくりで、やさしい国でした。

 

 

カテゴリー: イベント、出張報告, モブログ, 商品, 最新情報