ギフトショーに出展しています!

2月8日から3日間、東京ビッグサイトでは、ギフトショーが開催されています。

イメージミッション木鏡社は、東1ホールT03-42, プラントイジャパンはT-03-44で

出展中です。ギフトショーにお越しの際には、是非お立ち寄りください。

新製品などを展示して、お待ちしています。10時~18時、最終日は17時まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 最新情報

サボテンバランスゲームがJIDA ミュージアムセレクションvel.18に選定されました!

プラントイの4101サボテンバランスゲームが、JIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)の

ミュージアムコレクションvol.18に選定され、1月20日AXISミュージアムで選定証授与式が

行われました。インダストリアルデザインといえば、トラックから車、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品、時計や椅子、爪切りなど、生活に必要なもの全てが含まれます。玩具の選定は、珍しいそうですが、サボテンバランスゲームの丸みを帯びた親しみやすい革新的なデザイン性、環境や社会性のあるコンセプト、インテリアにもなるその機能性などが高く評価されたようです。

世界的に高く評価されている、ホンダやヤマハ、ソニーやパイオニアなどのメーカー42社48アイテムの選定が認証されましたが、その中に一緒に並べられたサボテンバランスゲームを見て、

とてもうれしく、名誉なことに思いました。ありがとうございました。

 

 

 

 

JIDAミュージアムセレクションvol18に選定された商品は、これから日本国内や海外各地から要請のある美術館を巡回展示するということです。

カテゴリー: プラントイ, 最新情報 タグ: |

香港玩具展 1月9日~12日開催

香港玩具展、”Hong Kong Toys &

Games Fair” は、毎年一月のお正月明けに開催されます。

出展企業は2000社にのぼり、世界中のバイヤーが会場の香港会議展覧中心に集結します。

また、会場以外のホテルやオフィスでも、各メーカーが展示や商談を繰り広げています。

会場入り口の展示は、今年は木製のディスプレイに、おおきなくまさんが飾ってありました。

1ホールには、約200社の「品牌廊」があります。ブランドとして認知されているメーカーの展示です。プラントイも4mも、この一角に展示されています。

プラントイブースでは、新製品のエッセンシャル・シリーズとミニ・シリーズの展示が注目されていました。エッセンシャル・シリーズの考案者、ビトール社長がそのコンセプトを熱く語っています。

エッセンシャル・シリーズは、知育玩具として、こども達が自主的に組み合わせを考えて遊び方を変えられる、「大きさ」、「長さ」、「体積」、「色」などの基本的概念を盛り込んだ11種類の玩具です。

そのどれも、自由に組み合わせて遊べる独創的なシリーズとなっています。2017年の新製品として、プラントイジャパンから春以降発売予定です。

会場で目立ったのは、「STEM」の表示。これからを担うこども達に期待する教育として、「サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、マス」が必要だという、オバマ大統領が打ち出したというコンセプトです。アメリカでは、その結果、数学教育や科学教育に大きな予算を確保しているようで、会場でも、「STEMな玩具」とうたっているブースがいくつかありました。

 

科学玩具といえば、4mです。4mブースでもロボットや新しいアクセサリーなど、魅力的な新製品をたくさん展示していました。

今回は、会場のある香港島を離れて、九龍半島側にある香港科学館へ行ってきました。

地下から3階まで、4フロアーにわたる展示は、ハンズオン形式で多彩な内容で、建築現場の再現をした「職業安全健康展覧廊」や、鏡の色々を体験できる「鏡子世界」、生命科学や生物多様性の展示など、ゆっくり見れば一日かかりそうな充実した内容の科学館でした。中でも驚いたのは、

恐竜の部屋で、大きな部屋いっぱいにT-REXのARを見ることができる設備が整えてありました。

部屋の真ん中にはスチールのフレームがあり、そこに現れるT-REXを、20台くらい設置してあるタブレットでみるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は水曜日。入場料無料の日というので、香港市民でない私も、入館料なしで見学できました。先生に引率された学校の生徒たちも、大勢来館していました。

 

売店は、とても充実していました。

4mのAR恐竜も、もちろん置いてありました!

プラントイのミニシリーズ、4mの新製品は、来る2月8日~10日の東京インターナショナルギフトショーでも展示いたします。

弊社ブースは、東1-T03-42、プラントイブースは、東1-T03-44です。是非ご来場ください!

 

カテゴリー: イベント、出張報告, プラントイ, 商品, 4M タグ: , , |

明けまして、おめでとうございます!

明けまして、おめでとうございます!昨年中は、大変お世話になりました。

今年も、楽しいおもちゃをたくさんご紹介できるよう頑張ります。

 

昨年フィンランドへ出張した際買い求めたタペストリーを皆で作ってみました。北欧の色遣いとデザインがとてもステキです。

スタッフ一同心を合わせて、今年も頑張っていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます!

カテゴリー: 最新情報

プラントイの森へ行ってきました!

今年も、一年大変お世話になりありがとうございました!

一年の締めくくりとして、プラントイの森へ行ってきました。静岡県と静岡市、そして

プラントイジャパン㈱が協力して里山を守るプロジェクトに10年掛かりで取り組んでいます。

場所は、安倍奥の温泉でも有名な、梅ケ島です。

私達ができることは僅かですが、健康な森を取り戻してほしいという願いで活動しています。

今回は、世界の森林についてのレクチャーをプラントイジャパンの森さんから受け、

少し勉強をしました。一年に1回~2回清掃活動など森を守る活動をしています。

来年は、皆さまにも是非参加していただきたいと思います。

 

どうぞ、良いお年をお迎えください!!

そして、来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: 最新情報

24面ダイスが入荷しました!

25mmの24面ダイス、d24が入荷しました!色は、黒のみ!

一個540円です。

カテゴリー: 最新情報

クリスマスの季節

今年の冬は、いつもより暖かく感じます。クリスマスの季節になりました。

イメージミッション木鏡社では、毎日サンタ便の発送で大忙しです。

日本中のよい子たちが楽しみにしているプレゼントのご注文を、サンタさんからたくさん

いただいています。無事届きますように、間に合いますように!

ゾムツールでクリスマスツリーを作りました。

土台の赤い部分は、OSME6で展示した、宮崎興二先生の作品の一部とそのレプリカ。

上のグリーンの部分は、グリーンラインを使った格子状のツリーです。

白い雪だるまのまるい飾りを付けたら、クリームパフェのようになりました!

楽しいクリスマスを迎えられますように!!

カテゴリー: ゾムツール, 日常

ミウラ折りのワークショップ@近代科学資料館

東京理科大学の近代科学資料館で開催中の「数理にひそむ美」展では、

地図などでおなじみのミウラ折りの展示も行われています。

11月5日(土)には、ミウラ折りのワークショップが行われました。

参加者は、小学生以上ということで定員15名を上回る申し込みがあったそうです。

当日は、ご父兄も含め、30名近い人が三浦先生直々のお話を伺う機会をいただきました。

先生は、まずミウラ折りの展示の前で、ミウラ折りがどのようなものか、どうして生まれたかを

分かりやすく説明してくださいました。どうしたら大きなものを効率よく小さくできるかを考えた時、

例えば一枚の紙だったらどうしたらいいか、くしゃくしゃに丸めるのか、美しく、効率よく小さくする

方法を考えられて、たどり着いた答えがミウラ折りだったということです。「くしゃくしゃに丸めても、

美しくないでしょう」と、手にしていた地下鉄の地図を丸めて見せてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

ミウラ折りのテンプレートを使って、小学校3年生の参加者も、全員きれいに折ることができました。ミウラ折りを折るためには、折り目の変換が必要です。正確に折るために、三浦先生から依頼されて、高島直昭さんと弊社の前畑会長、冨田君が今年の3月頃からテンプレートの製作をしてきました。その試作品を使ってのワークショップでした。初めて挑戦させてもらいましたが、折り紙苦手の私でも、きれいに折ることができました。

 

 

「美」がなかったら、ミウラ折りは生まれなかったでしょう、という先生のお言葉が印象的でした。先生は、この折り方を、もう50年も前に発見され、今では、宇宙工学から体内の細胞レベルの医療にまで使われているそうです。ミウラ折りを一般の人にも広めたいという先生の情熱に感激。三浦先生、理科大のスタッフの方々、ありがとうございました。

ゾムツールの開発者、ポール・ヒルデブラント氏も、「すごい人だ!」と絶賛。ゾムツール社が最初に作ったリーフレットは、ミウラ折りで折ったのだそうです。見てみたいですね。ミウラ折りは、世界中の人が身近に体験している、素晴らしい発明です。

ミウラ折りの展示の他にも、テッセレーションやゾムツールの高次元模型など、素晴らしい作品がたくさん展示されています。「数理にひそむ美」展は、12月10日まで。

カテゴリー: イベント、出張報告, 最新情報

モルックをやってみました!

フィンランド生まれのゲーム、モルックをお借りしてやってみました!

近くの公園で、木製のスキットルを並べ、6人で対戦。思ったより難しく、チャレンジ

しがいがあって、楽しいゲームでした。

1から12までの数字が各スキットルには印字してあります。50点ちょうどに達した人の勝ち。今回は、弓道の達人、春香さんが一番でした。集中力と作戦が必要なゲームです。

だんだんスキットルの距離が遠くなって、難しくなります。

得点を計算する係も忙しい。屋外で、子どもも高齢者も一緒になって

遊べる、楽しいゲームです。

詳しくは、日本モルック協会のホームページをご覧ください。                                             

カテゴリー: 最新情報

ゾムツールの星形正120胞体完成!

東京理科大学の近代科学博物館で、10月22日、日野雅之先生のご指導によるゾムツールのワークショップが行われ、小学生や一般の方と、理科大のスタッフの皆さんで、正120胞体の模型を

完成させました。始めは、モジュールを組み立て、中心の核からだんだんに大きく組み立てていく

方法。小学生の皆さんも集中して見事に完成させました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: イベント、出張報告, ゾムツール